訃報: 書策小屋の渋谷書策さん大往生

 日本最高齢の山小屋 小屋番として88歳直前まで書策小屋を守りぬかれた渋谷書策さんがこの7月10日(金)午後4時半、永眠されました。 大正5年2月生まれで93歳の大往生でした。 心よりご冥福をお祈り申し上げます。 

 書策さんは戦後間もなく尊仏小屋の小屋番をされその後独力で書策小屋と木ノ又小屋を建設し経営されました。 木ノ又小屋の方は途中で権利を委譲されましたが書策小屋は文字通り全人生をかけて守り続けられました。 

 山小屋の傍ら書策新道を完成させ丹沢の緑化運動を永年にわたり実践されました。 また竜神の泉は書策さんの発案と実行力で建設されました。 ウィットにとんだユーモアで多くの登山客の人気の的でした。

 名実共に丹沢の顔でした。 生涯をかけて丹沢の為に尽力 貢献されました。 書策さんの残された偉大な業績と足元に敬意を表し遺志を引き継いで丹沢を守り育んでいかねばならないと思います。

カテゴリー: 山荘からのお知らせ パーマリンク

訃報: 書策小屋の渋谷書策さん大往生 への1件のフィードバック

  1. テラ のコメント:

    そうだったのか。大阪ヘ単身赴任中だったので、知らなかった。合掌。社会人になって初めて泊まった山小屋だった。そう言えばユーシンの叔父さんが亡くなった報は大阪まで来たなあ。初丹沢経験から30年。今では蛭が出るので、GWを過ぎると入山を避けるようになってしまった。残念。草野さんももう70は越えられと思う。10年近く鍋割も入ってないけど、お元気かなあ。よし、今年は年末までに一度行こう。幸い、三◯べからの裏道をある方からおそわった。あの道は使えるしね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。