鍋割山荘掲示板
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
(予約は電話でお願いします。)

[トップに戻る] [新規投稿] [ワード検索] [管理用]



[3606] がまんです。。。。。 投稿者:こちらクリーブランド 投稿日:2017/03/28(Tue) 01:32 [返信]  

雪の鍋割に登りたくて登りたくてしょうがないのだけれど、明日は仕事です。木曜日までがまんします。。。。。


[3605] 信ちゃんへ 投稿者:鍋焼鍋子 投稿日:2017/03/27(Mon) 20:30 [返信]  

 画像が無事入っていました。 お騒がせしました。 & ありがとうございました! 


[3604] 積雪情報! 投稿者:鍋焼鍋子 投稿日:2017/03/27(Mon) 20:27 [返信]  

 日曜日から今朝方まで続いた雪で山頂は50cmの積雪となりました。
 小屋主は今日一日雪かきに追われ営業できなかったようで大変申し訳ありませんでした。

(信ちゃんへ)
 折角画像を添付して頂きましたのにチェックを入れて送信しましたが添付できませんでした。 先回は成功したのですが・・・。
 サイズが違っているのかもしれないですね。 もう一度トライしてみて下さい。
 朝食後粉雪の舞う寒空の中で1時間強かかった学生さん4人の力作のかまくら。 入れて頂きましたが広くて素敵な空間でびっくりしました。
 次回はその中で真イカを焼いて熱燗でいっぱい(一杯では無く)やりたいものですね。 週末まで残っている事を祈っています。
 でも完成後二人は歩荷に下りたのですから彼らの体力には脱帽です。

(こちらクリーブランドさんへ)
 夕食にお出ししたオードブルの若鶏のチューリップから咲いた恋話。 ♪咲いた 咲いた チューリップノ花が並んだ並んだ赤 白 黄色・・・♪
このチューリップ だれんだ〜 おらんだ〜と言う位オランダが有名ですね。 何でも美少女が3人の騎士から家宝の王冠 剣 黄金を贈られプロポーズされたそうですが迷って花の女神に頼んで花に姿を変えてもらったそうです。
 なので花は王冠 葉は剣 球根は黄金を表すそうです。
花言葉は「思いやり」だそうでステキな伝説ですね。




[3603] かまくら2 投稿者:信ちゃん 投稿日:2017/03/27(Mon) 13:31 [返信]  

3月26日(日)は山頂で20cm程度の積雪となりました。

前回(11月)とは異なり、4人で作成された大きなかまくらです。ブルガリアから建築を学びに留学しているAさんがデザインを指揮してくれました。
富士山を臨むファサードは小さな入り口を特徴としており、くぐり抜けた先には5人を収容可能な空間が広がっています。スノーホワイトを基調とした内装はあくまで簡潔でありながら、縞状の表面と空気穴からの採光により立体感を主張しています。たぶん……

来週まで残っていることを祈ります。



[3602] 昨日の話題 投稿者:こちらクリーブランド 投稿日:2017/03/26(Sun) 14:53 [返信]  

3月25日夕刻、鍋割山荘の食卓では男女関係の根本原理について話が咲きました。
これによると男性とは過ちを犯すものなのだそうです。鍋割山荘の若手スタッフ諸兄は
熱心に聞き入っておられました。この深遠な議論の結末を知るべく、小生もまた登りたい
と思います。
スタッフの半数が海外からの方々であったため、念のため英語でも触れておきます。
On March 25, men women relationship was the hottest topic at the dinner table at
Nabewari-sansou. It was proposed that men are an animal that is prone to make
mistakes. We should have asked whether this is accepted internationally....



[3601] 積雪情報 投稿者:鍋割山荘 投稿日:2017/03/18(Sat) 05:00 [返信]  

 3月16日(木)山頂で4〜5cmの積雪となりました。
先週土曜日早朝にはあられが降りましたので奥へ行かれる方は
軽アイゼンを携帯された方がいいと思います。



[3600] 寄コシバ沢-鍋割峠間通行注意 投稿者:こちらクリーブランド 投稿日:2017/03/16(Thu) 17:18 [返信]  

崩落の絶えない寄コシバ沢右岸の高巻き道ですが、踏み跡が新たに崩落し始めています。コシバ沢から右岸高巻き道に入って5-10分登ったあたり、ロープのつるしてあるところです。一見良さそうに見える踏み跡ですが、踏み跡の下が崩落し始めており、気を付けないと踏み抜くかもしれません。登山道に張った木の根の間の土が抜け落ち、谷の底が見え始めています。そう遠くない将来、踏み跡ごと落ちることでしょう。


記事No 削除キー

- ClipBoard Antispam Version -